山手線内から外れた中央線・総武線沿いがおすすめ

トップページ
お気に入りに追加
  

山手線内から外れた中央線・総武線沿いがおすすめ

東京の都心部に近く、家賃が比較的安くて住みやすい地域と言えば、やはり山手線内から少し外れた場所にある、総武線・中央線沿いがおすすめです。

具体的には、高円寺や阿佐ヶ谷や吉祥寺といったような駅のある辺りになります。

 

この辺りの駅だと、ワンルームのひと月の家賃が平均6万円台後半から8万円台程度で済むにも関わらず、都心へのアクセスも非常に良いというのが特徴です。

少し電車に乗ればすぐに山手線内に入ることができ、新宿・渋谷・原宿・池袋辺りなら、住む駅にもよりますが10分から30分程度あればたどり着くことができますし、東京駅へ出る場合も、乗り換え無しで、中央線快速に20分から30分程度揺られていればたどり着くことが可能です。

 

ちなみに、同じ総武線・中央線沿いでも、山手線内にある四ツ谷や市ヶ谷の辺りなんかだと、ワンルームのひと月の家賃が平均9万円から11万円もします。

確かに、山手線内に家を構えられると非常に便利ではありますが、この家賃を支払ってまで住む必要があるのかは悩みどころです。

 

また、この辺りは都心部に比べると住宅がかなり多く、働きに行く場所・遊びに行く場所と言うよりは、人が生活する場所といった感じで、駅の周りにはスーパーやコンビニ等も沢山あり、非常に暮らしやすい環境になっています。

 

この辺りは、都内はもちろんのこと、全国各地色々な場所から東京へ出てきて一人暮らしを始める若者が住むことが多い場所であるため、どんな人でも周りを気にせず町に溶け込んで行くことができます。